女性の抜け毛はシャンプーを見直すことからはじめましょう!

抜け毛で悩む女性が増えていますが、本屋で雑誌を読んでいるといろいろな抜け毛ケア方法が紹介されていますよね。

運動することで抜け毛ケアになる為、ウォーキングやジョギングといった有酸素運動を推奨していたり、
ホットヨガで全身の血の巡りを良くすると良いということで、ヨガやストレッチなどを推奨していたり。

また、食べ物が大事だということで、髪の毛に良い食事を紹介している本もありました。
髪の毛はタンパク質からできるため、豆腐や鶏肉、納豆、などのタンパク質をしっかりと摂ること。
また、牡蠣などに配合されている亜鉛も髪の毛に良いということでおすすめされていたりします。

そして一番有名なのが、頭皮マッサージですよね。
頭皮の血の巡りを良くするために、頭皮マッサージを行って血の巡りを良くさせるんですね。
髪の毛は、毛母細胞が分裂することと成長がとっても大きく関わっています。
しかし、血の巡りが悪くなる細胞に十分な栄養が運ばれにくくなるため、髪の毛が弱々しくなってしまいます。

薄毛治療薬のミノキシジルも、血行促進によって毛母細胞の分裂を活性化させることが大きな働きです。
抜け毛から薄毛が酷くなってくると、女性でも育毛剤を使い始める方が増えています。

しかし女性の育毛剤選びは、男性とは大きく違っているので注意が必要です。
たとえば、飲む育毛剤として注目されているフィナステリドを配合したプロペシアは、女性は服用することができません。
そのため、皮膚科やAGA専門クリニックを受診しても処方してもらえないため注意が必要です。

また、ミノキシジルも女性用には配合濃度が1%と薄くなっています。
男性用のように配合濃度が濃くなると、ミノキ焼けと呼ばれる炎症や痒みの副作用が心配なので低くなっているということです。

このように女性の抜け毛や薄毛ケアの方法はいろいろ紹介されています。
しかし、まずはじめにやっておきたいのが、抜け毛 シャンプー 女性を使うということです。

安いシャンプーには、頭皮に良くない(刺激が強すぎて必要以上に皮脂を洗い流してしまう)成分が入っています。
こういうシャンプーを使い続けていると、頭皮環境が悪化してしまってさらに抜け毛・薄毛が酷くなる恐れがあるんですね。

男性の場合は、悪玉男性ホルモン・DHTが主な抜け毛原因ですが、女性の場合は、頭皮環境の悪化が大きく関わっているんです。
そのため、シャンプーを変えたり生活習慣を見直すということがとっても大切です。

前回の記事でもご紹介したとおり、アミノ酸系シャンプーを使ったり、抜け毛ケアシャンプーを使ってまずは様子を見てみると良いでしょう。

アミノ酸系シャンプーを使って抜け毛ケアをはじめよう!

女性の抜け毛ケアとして多くの方が取り入れられるのが、シャンプーを変えるということ。
最近では、本当にいろいろなシャンプーが販売されるようになってきました。

たとえば…
・ノンシリコンシャンプー
・無添加シャンプー
・ラウリルフリーシャンプー
・石鹸シャンプー

このように、いろいろなシャンプーが販売されているので、いったいどれを選ぶと良いのか悩む。という方も多いです。

いろいろなシャンプーが販売されていますが、一番じっくりと確認しておきたいのが洗浄成分なんです。
先ほどの例で言えば「ラウリルフリーシャンプー」が唯一洗浄成分に着目しているシャンプーといえます。

その他の、ノンシリコンや無添加は、あくまでも補助的な役割なのでそこまで重要ではありません。
最近では、ノンシリコンシャンプーの知識を身に着けている方も増えている為、単にノンシリコンとアピールするだけでは売れにくくなってきています。

実際、シリコン自体は医療現場でも使われるほど安全な成分であるため、そこまで危険視する必要はありません。
髪の毛につやを出すために過剰な量が配合されているシャンプーは問題ですが、適量入っているだけなら心配ありません。

一部のメーカーのごり押しによって悪者扱いされているシリコンですが、実はそこまで悪くないというのが専門家の間の意見です。

このように、テレビCMなどのイメージだけでシャンプーを選んでしまうのは良くありません。
特に、現在進行形で抜け毛や薄毛が気になっている場合、特にシャンプー選びは慎重にする必要があるのです。

・抜け毛が気になるならアミノ酸系シャンプーを使おう

では、具体的にどのようなシャンプーが抜け毛ケアには一番良いのかといえば、頭皮にやさしいアミノ酸系シャンプーです。
アミノ酸系シャンプーは、洗浄力がマイルドで頭皮への刺激も心配するようなものではありません。

抜け毛が酷い場合、頭皮環境が悪化してしまっていることがほとんどなので、そういった方には最適なシャンプーとなっています。

スーパーなどで販売されているシャンプーの多くは、頭皮への刺激がとても強い高級アルコール系の洗浄成分を配合しています。
特に頭皮トラブルの悩みがない場合は大丈夫ですが、抜け毛や薄毛、かゆみ、フケなどが気になる場合、避けたほうが良いでしょう。

刺激が強いということは、それだけ頭皮へのダメージも強いため、頭皮環境に良いとは言いにくいためです。
また、安物のシャンプーには、頭皮への刺激の原因になる添加物がたくさん入っているものが多いです。
これらも成分によっては頭皮環境を悪くする原因にもなるため、できるだけ避けるようにしましょう。

こういったことから、シャンプー後の抜け毛が気になり始めたら、まずはアミノ酸系シャンプーを使うのが一番おすすめです。

・アミノ酸系シャンプーは種類がたくさんあるので要注意!

とはいえ、最近では各メーカーから様々なアミノ酸系シャンプーが販売されるようになってきています。
しかも商品によっては、高級アルコール系の洗浄成分を配合しているにも関わらず、ちょびっとだけアミノ酸成分を配合することでアミノ酸系シャンプーと宣伝しているシャンプーもあるのです。

当たり前ですが、こういったシャンプーを使い続けていては結局は頭皮環境にあまり良くないので注意が必要です。

そこで、アミノ酸系シャンプー選びで悩んでしまった場合、アミノ酸系シャンプーについて詳しくまとめられたサイトを参考にすると良いでしょう。

こういったサイトは、実際にシャンプーの成分を比較したうえでおすすめ商品をまとめて紹介している為、とてもわかりやすくなっています。
シャンプーの成分は、カタカナ表記で読みにくいしわかりにくいのが多いので、成分についてあまり詳しくない方は、こういったサイトを参考にすると良いですね。

このように、アミノ酸系シャンプーにも様々な商品がありますが、抜け毛ケアに特化したシャンプーも出ている為、まずはそういったシャンプーを選ぶことをお勧めします。

実は危険!女性の抜け毛につながる食生活

抜け毛や薄毛に悩んでいる女性の共通点があります。それが「脂っこい食事が好き!」ということです。
脂っこい食事は、太る原因になるということばかりがフューチャーされていますが、それだけではなく、抜け毛の原因にもなってしまうのです。

脂っこい食べ物をたくさん取ると、必然的に皮脂の分泌が過剰になってしまいます。
皮脂の分泌が多くなると、頭皮環境が悪化してしまい抜け毛につながるんですね。

特に夏場は要注意!ただでさえ、皮脂分泌が多い時期にラーメンや焼肉を食べるとさらにベトベトになってしまいます。

実は私も以前まではラーメン、焼き肉を良く食べていました。
近所に天下一品があるのですが、ご存知の通りこてこての濃厚スープ。
鶏がらをベースに野菜をたっぷり使っているということでヘルシーだと勝手に思い込んでいたのですが、すごいカロリーなんですね。
ラーメン一杯で1日に必要な摂取カロリーっを超えてしまうのではないかというくらいカロリーがあるんです。

しかも、ラーメンと一緒にチャーハンがついてくるチャーハンセットをいつも食べていましたし、スープは最後の一滴まで残さずに飲んでいましたからね。

焼肉も近所にワンカルビがあるので良く通っていました。
初めは塩タンからはじまり、ハラミ、カルビと、どんどん脂っこいものを食べるんですよね。
特に私が一番好きなのは、はさみなしでは食べられないあのでっかいお肉。

名前は忘れてしまいましたが、ワンカルビに行くたびに毎回食べていました。

こうやってラーメンや焼肉を頻繁に食べるようになって、かなり頭皮がベタベタしたのを実感しました。
いつものように毎晩お風呂でシャンプーしてもなかなか泡立たないんですよね。
しかも1回洗っただけでは少し気持ち悪いので二度洗いをするくらいです。

当たり前ですが、こういったことは頭皮環境を悪化させてしまうので、シャンプー後の抜け毛も酷くなってしまいました。
こういった経験もあるため、脂っこい食事を頻繁にするのはおすすめできません。

髪の毛は、食べたもので作られるといわれる通り、育毛と食事はとても関係しています。
育毛のためには、タンパク質を中心に亜鉛やビタミンなど、様々な栄養を摂ると良いです。

タンパク質は、卵や鳥肉がとりやすいですね。
あとは、豆類の食事も良いです。

私は一時、朝は納豆かけごはんで昼は鶏肉とサラダ、こんな感じの食事をしていました。
納豆には、タンパク質だけでなく、イソフラボンも含まれているので育毛には最強といわれています。

鶏肉もタンパク質が入っていますし、低カロリーなのでダイエットにもちょうど良いんですね。
こういった食事を続けていると育毛に良いのはもちろん、ヘルシーでダイエット効果も期待できるのが良いです。

ちなみに、ダイエット目的で極端に食事を減らしてしまう方も多いですが、これはおすすめできません。
極端に食事を減らしてしまうと、髪の毛を作るために必要な栄養が不足するため、抜け毛の原因になってしまうんです。
難しいですよね…。

髪の毛は、体の役目としてはあまり重要とみなされていないようで、後回しにされがちだといわれています。
たとえば、タンパク質を摂った時も、まずは筋肉などの体を動かすために必要なところに届けられるようです。
そして最後らへんに髪の毛にいくようなので、しっかりと食べるということも育毛には大事なんです。

ということで、あまり脂っこい食事ばかりしていると抜け毛につながる恐れもあるので注意しましょう!

女性の抜け毛はシャンプー選びが肝心

最近、よくニュースで見かけますが、女性の抜け毛や薄毛が増えているみたいです。
芸能人やアイドルの方でも、まだ10代20代なのに抜け毛や薄毛で悩んでいる方が増えていますよね。

一般的に、女性の抜け毛の原因は、加齢や女性ホルモンバランスといわれています。
だけど、10代や20代の場合、加齢っていうのは当てはまらないですし、女性ホルモンバランスの変化もわかりずらいですよね。

女性ホルモンには、エストロゲンという髪の毛の成長にとっても重要な働きをするものがあるんです。
これが、高齢期や出産後に減少するため、ホルモンバランスの変化によって抜け毛が増えてしまうんですね。

こういったことを見てみても10代や20代の女性が抜け毛で悩むというのは、イマイチぴんときません。

こういったことから、専門家の間では「シャンプーが原因で抜け毛になる恐れがある」といわれるようになってきました。

シャンプーが原因ってことは、髪を洗わなければ良いの!?と思うかもしれませんが、それは極端な話。
少し前には、髪を洗わないブームが少しありましたが、実践してみた人もいるのではないでしょうか。

シャンプーにはケミカル成分や頭皮への刺激が心配されている添加物がよく使われています。
そのため、シャンプーを使わないでお湯だけで頭を洗う「湯シャン」ってのがあったのですが、ほとんどの方が挫折してしまっています。

その理由は、湯シャンだけでは余分な皮脂を洗い落とせずに頭が痒くなってしまうからです。
女性の方は良くわかると思いますが、脂を落とすためにはクレンジングを使いますよね。

お湯だけではなかなか落とせないのです。そのため、湯シャンも皮脂をあまり分泌しない人は耐えられますが、皮脂分泌が過剰な人は、頭皮がベタベタになって痒くなってしまうんです。
実はこれが原因で、頭皮環境が悪化してしまい、抜け毛やフケにつながることもあるので注意しないといけません。

シャンプーは刺激になるからという極論で湯シャンを始めて失敗した方も多いかと思います。

たしかに、シャンプーには刺激が強すぎる成分もたくさんあります。
ですが、そういった頭皮への余計な刺激成分が入っていないシャンプーもたくさん販売されているのも事実。

抜け毛や薄毛が気になり始めたら、まずはそういったシャンプーを使ってしっかりと洗うことも大切なんですよ。

具体的には、アミノ酸系シャンプーは、頭皮への刺激が低くて、余計な皮脂はしっかりと落としてくれます。
抜け毛が酷い場合は、まずは使っているシャンプーからアミノ酸系シャンプーに変えてみるということをすると良いでしょう。

アミノ酸系シャンプーは、美容院でも使われることが多く、専門家も推奨している方が多いです。
特に、スーパーや薬局で安いシャンプーを買っている場合、実はシャンプーが頭皮に合っていない…ということもあるので、しっかりとケアしておきたいですね。